H様邸 外装リフォームの様子 NO 3

新潟市中央区にお住まいのH様邸の外装リフォーム工事 NO3です。

前回は瓦を撤去した屋根にガリバリュウム鋼板を張り込こみ、木部もガリバリュウム鋼板でカバーリングしました。

雨樋も施工してします。

次は外壁の施工です。

玄関回りの外壁施工中です。

玄関回り張り終えました。

玄関は屋根下も直しました。

既存は和風の垂木出しの作りでしたが回りに合わせて箱霧避けに施工しています。

やはり此方のほうがすっきりしていい感じですね。

霧避けの屋根もガリバリュウム鋼板を張り込んでいます。

此方は給湯器周りで板金屋さんの腕の見せ所です。

既存では配管が凸凹していて平らに張れない状態でした。

しかしごらんのように全て綺麗に収まっています。

さすがです。

外壁を張り終えた外観です。

H様 のご希望通り明るく軽やかにリフォーム出来ました。

最後にアンテナを取付て完成です。

地デ時はすっきりと壁付けフラットタイプです。

並べて衛星パラボラも施工しました。

手前に見える駐車スペースを工事期間お借りすることが出来ました。

この度のH様邸リフォームはこのスペースをお借り出来る事が前提でした、長期にわたり大変ありがとうございました。

これにて H様邸 外装リフォーム工事終了です。

また別件にて只今作業中載せていきます。

 

 

 


妙高高原 ロッジ今井 2日目

妙高高原2日目です。

朝から快晴ドピーカンです。

昨夜のお酒が脳天を揺さぶりますが余りのお天気の良さに力を振り絞って起きてきました。

晩のご飯はすき焼きメインでした、大変おいしく頂きましたので今朝も楽しみです。

そういえば以前お世話に成った時も夕ご飯はすき焼きでした、変わらぬ味を守っているのは嬉しいですね。

朝ごはんは焼き鮭と海苔が出ています、そして席に着いてから焼いてくれる目玉焼きとハムとサラダです熱々で運んでくれます。

ドピーカンのゲレンデで1枚。

じじいの笑顔ですいません。

それにしても右手の方のウエアーはノスタルジックの一言ですね。

いったい何時の時代の物なのでしょうか、ここまで物持ち良いと表彰状ものです。

朝一の池の平ら温泉スキー場のカプセルリフト降りて左側のゲレンデです。

いつもここだけ10時頃まで貸切状態に成ります。

理由が有るのですが込み合うといけないので教えませーん。

2日目は貸切状態ゲレンデでしたので十分満足して早めにきりあげます。

帰りに美味しいお蕎麦を食べに行こうと言う事に成っていたのです。

 

そこは、そば処たかさわです。

妙高高原駅から少し山手に有ります。

必ず満足できる妙高で一押しのそば屋です。

いつも満席ですので昼少し前には足を運んでくださいね。

店の雰囲気も良しです。

メニューには野尻湖のワカサギや季節の山菜・地元のきのこ等を料理したものが並びます。

お勧めはてんぷら蕎麦セットです。

小鉢に季節感満載ですよ。

最近夏に妙高へ自転車で来てますのでその時また寄りたいです。

 


H様邸 外装リフォームの様子 NO 2

新潟市中央区にお住まいのH様邸の外装リフォーム工事 NO2です。

前回は屋根の防水シートまで施工できました。

次はいよいよガリバリュウム鋼板を張り込んでいきます。

中央の笠木部分を残して貼り終えた状態です。

この後歯口と笠木を取付完成です。

下地と防水シートまで済んでいれば後は結構早いです。

最後に雪崩止めのアングルを取り付けて屋根工事は完成です。

因みにアングルはシルバーメッキか黒色を選べます。

屋根はダークグレーですが黒色の雪崩止めでも違和感が有りません。

黒は取付金具も黒色です。

次に木部をガリバリュウム鋼板でカバーリングしていきます。

最初は褄の母屋部分です。

破風板も一緒にカバーリングしました。

軒天はすでに張替え塗装済みです。

次に雨樋を付けていきます。

雨樋は黒色です。

いい感じで勾配も出ています。

既存では雨がスムーズに流れずに数箇所溢れていましたので雨降りが楽しみです。

今回は此処までと致します。

次回でまた載せていきます。

 


妙高高原 ロッジ今井 1日目

妙高高原へ行ってきました。

十年ほど前までホワイトシーズンは半分仕事で此方へ来てましたが、物心ついてから昨年始めて冬の妙高高原へ訪れませんでした。

最近はもっぱら近郊のわかぶな高原ですごしています。

所要時間1時間で着きますので当日のお天気を確認してから出かけられます。

そんな事から私には大変重宝な場所と成っています。

年間20日以上は通いますので近い事は何よりです。

妙高高原だと殆ど泊まりと成りますのでそうはいきません、お天気は運しだいなんですよね。

さて今回のお宿は池の平温泉スキー場 ロッジ今井 さんです。

ここは子供が小さい時に良くお世話に成りました。

ゲレンデの目の前でリフト乗り場までほんの数分です。

当時からアットホームで今井のお母さんの笑顔が素敵で、お気に入りの宿でした、現在はお子さんとお嫁さんが参加して営んでいます。

10時頃着きましたが既にお部屋の用意が出来ていて荷物を運び入れ着替えが出来ます。

こんな所もお気に入りの理由です。

車も横付け可能ですよ。

レンタルも充実していますので是非寄ってみてくださいね。

1日目は赤倉観光スキー場です。

お天気にも恵まれ上部はパウダーでこの時期としては最高のコンデションです。

今回赤倉へ来たのは理由が有りました。

私の友人が此方のアルペンスクールへ毎週通っているのです。

そのスクールで今では大変珍しいモノスキーをレッスンに取り入れていると聞きました。

今回はその現物と滑っている姿を是非見たいとお願いして午後から合流の形と成ったのです。

そして

画像下の赤いのがモノスキーです。

奥は私のアルペンボードです、162cm有りますのでモノスキーは167

cm位でしょうか。

LOOKのバインが付いていますよ、おフランス製なんでしょうね。

数十年振りに見ましたが何処と無く進歩から取り残されている気がしてなりません、当時と全く変わらぬ姿です。

ガラケーの様な存在でしょうか。

数十年前は私も履いていましたが他に履いてる人はここ妙高高原でも数人で両手で足りる様な人数でした。

それには理由が有ります、なんせ乗りこなすには大変な足前が必要なのです。

小さくスライドさせれば結構乗れますがロングターンにいたっては、はかなり難しい代物でした。

カービングなんぞはもっての他で私の他に一人居た位です。

完全内足加重の乗り物なのですからね。

カービングするにはスキーの倫理からかけ離れている技術が必要なのです。

出来る様に成るまでそれこそかなり練習した記憶が有りますからね。

ほんとに懐かしいです。

まだ売ってる国があると言う事は履いてる方も沢山居ると言う事ですね。

少し嬉しく成ります。

この後4人で数本滑りましたので、ここらで休憩です。

せっかく赤倉に来てるのですからあの有名な赤倉観光ホテルのラウンジでコーヒータイムと行きましょう。

入り口に下駄箱とスリッパが置いて有ります。

面倒だな~と敬遠しがちですが・・・

なんと、ここのラウンジにはスキーブーツのままで入れるんですよ。

そして格式有る優雅な作りのロビーの脇を抜けてラウンジへ、此処からは快晴の妙高高原が一望できます、その格別な雪景色を見ながら頂く美味しいコーヒーは最高です。

ただね・・

このコーヒー700円もするんです・・・

でもね、通は知ってます、おかわりが出来る事を・・

2杯頂けば350円てことですよね!!

私たちは休憩後友人と別れ池の平のロッジ今井へ戻りました。

そしてしこたま持ち込んだビールやらで宴会で~す。

 


H様邸 外装リフォームの様子 NO1

新潟市中央区にお住まいの H様邸の外装リフォーム工事です。

築40数年のご自宅です、中古マンションへの移転や小さな家への立替等・考えられた結果、奥様のご要望で現在のを家リフォームしてこの場所で住み続ける事と成りました。

さしあたり傷みの進んでいる外壁の張替えと重たい瓦をガリバリュウムに変えて地震にも対応しておきたいと外装工事主体で施工です。

 

長年お住みになられた施工前のご自宅です。

これから施工が始まります。

色々過程が有りますので工事進行の様子を載せて行きたいと思います。

 

最初に重い瓦をおろしてガリバリュウム鋼板立て張りで屋根の軽量化です。

地震には大変効果が有ります。

 

瓦を全ておろして撤去いたしました。

その上に下地としてコンパネを敷き詰めていきます。

この作業はとても重要です。

寸法の狂いは許されません。

慎重に施工していきます。

 

2階の屋根と1階屋根全て下地を張り終えました。

次に防水シートと防水テープを貼っていきます。

ここまでの作業は雨の心配がありますので素早い施工が必要です。

総勢8名での施工と成りましたが無事夕方までに完了しました。

これで雨に降られても大丈夫です。

次の工程はまた次回

NO 2 で載せていきますね。